カテゴリ: 映画

戦後の日本で、女性が社会的に認められていなかった時代。
夫を戦争でなくし、雇い主に弄ばれた主人公は娼婦になって全ての男に復讐を誓う。

暴力的な描写、良い服を着た女の子が服をはがれたり、ぶたれたりというシーンを直接見せるのが衝撃的でした。

日本は戦後すぐに、時代を代表する監督たちが反戦争映画を沢山作ってる。

1950年に公開された白黒映画。

反戦争映画 

と、当時の不条理な社会への批判です:

自身の保身に走る大学教授、戦争中ということに理由をつけて暴力をふるう軍人、自身で考え自立せず権力に寄生する新聞記者(これが先の軍人と同一人物というところがまた考え深いところ)、社会的立場が弱く自立できず、子供の為に再婚せざる負えない母親、男尊女卑の夫に虐げられる妻、軍を去った主人公の戸籍が消滅してしまうなど。

これって70年たった今でもほぼ同じ批判が当てはまると思う。

面白いのは、主人公の妻が、ほとんど出てこないんだけど、凄く重要な役割で印象深い人物として心に残るところ。影の主人公と言っていいと思います。
主人公や、再婚相手や、娘など、妻の周りの人物を描くことで、妻の人物像が出来上がっていきます。戦争の犠牲となり、我慢を強いられ、辛い人生を生きた当時の女性の不自由さと悲しみ、辛抱強さが強く伝わってきます。


名言が随所に散りばめられているのも面白さの一つです。

「どんな人も一つは哀しみを背負っているもんだ」

「君のような、何かに所属し、自分で考えられないような人間がはびこっているうちは、日本はよくならないだろうね」

「生きているうちは、精一杯生きるべきだ」

「母さんは悲しいことばかりだったからこそ、強くなったんだ」

「母さんが立派なことは、お前を見れば分かるよ」

ボストン・グローブ新聞社の記者たちが、牧師の児童への性的虐待を記事にするまでの事実をもとにした映画。

2015年に公開され、アカデミー作品賞と脚本賞を受賞しています。

ジャーナリストの仕事が現実的に描かれているそうです。

近年ではインターネットが普及して、一般の人でニュースを発信している人もいるし、ある程度はネットで情報収集ができるけれど、技術と経験、コネを使って、チームで地道に真相を追っていく姿を見て、やはりプロのジャーナリストにしかできないことがあると思いました。

この映画では教会の牧師だったけれど、尊敬される立場の人や、権力を持っている人や団体に対抗するには、真実を伝えて市民を味方にできるジャーナリストが最も強い存在なんだと思いました。

スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]
マーク・ラファロ
VAP,INC(VAP)(D)
2016-09-07


スポットライト 世紀のスクープ[DVD]
マーク・ラファロ
バップ
2016-09-07



昨日のブログで、「京都の映画館は大きくて、邦画と人気のハリウッド映画しかほぼ上映してない」と書きましたが、ありました。小さくていろんな映画を上映している映画館。

京都文化博物館の中のフィルムシアターです。

Bunkahakubutsukan6850
京都文化博物館(元日本銀行支店):辰野金吾

やっぱり、私が思うってことは、他にも同じようなこと思う人が沢山いるのでしょうね。

今、どんな映画が上映されているかというと。。。

《日本映画120年企画 古典・名作映画のススメ》:1940年代の邦画。
黒澤明監督、小津安二郎監督、溝口健二監督とかの、上映される機会があまり多くない作品が沢山ある。
『虎の尾を踏む男達』『風の中の牝鶏』『夜の女たち』とか。

《若手映画作家育成プロジェクト》:B級(かどうかは分からないけれど)なものの粗削りな感じは、洗練された熟練プロの仕事とは違う人間身、パーソナリティーが見えて面白い。

《EUフィルムデーズ2017 映画で旅するヨーロッパ》:この題名素敵。映画は国の文化が表れるので面白い。

中に入ってるカフェ、前田珈琲もいい感じ。

京都文化博物館 フィルムシアター

チェイサーは2008年に公開された韓国のサスペンス映画。監督はナ・ホンジンさん。長編では、この映画が初監督だそうです。衝撃的な作品でした。

テンポがいい。物語の展開が早くて、凄く面白いです。スリルのシーンはホラー映画いみたいで、怖くて凄くドキドキする。撮り方も面白くて、連続殺人犯を主役の元刑事が追うシーン、ただ走ってるだけで、変なアクションとかないんだけど、緊迫感がすごくでている。この監督、天才だ!と思いました。

主役の元刑事役のキム・ユンソクはこのとき40歳くらい。韓国の映画は、役にふさわしい年の役者を選ぶところがいいなと思いました。

連続殺人犯役のハ・ジョンウさんは当時、韓国のナンバーワンアイドルだった。でも、キム・ユンソクにボロボロに殴られるし、殺すシーンとかサイコになりきっていました。アイドルがそういう役するの、日本じゃ考えられない。
そういうところで、韓国の映画いいなと思います。


チェイサー [DVD]
キム・ユンソク
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-16

↑このページのトップヘ