カテゴリ: ノンフィクション

経営者の条件の続き

第六章、第七章 意思決定についてより

①問題の種類を知る。問題の種類は四つに分類される。
第一に、基本的な問題の兆候にすぎない問題がある。

仕事の中で起こってくる問題のほとんどがこの種のものである。例えば在庫についての決定は決定ではない。決定の適用にすぎない。

第二に、当時者としては例外的だが実際には基本的、一般的な問題がある。

合併の申し入れを受け入れた企業は、それを受け入れるならば将来同じような申し入れを受けることはない。その企業、取締役会、経営陣に関するかぎり二度と起こらない特殊な問題になる。
 しかし合併は、常にどこかで起こっている基本的、一般的な問題である。したがって申し入れを受け入れるか否かを判断するには合併についての原則を知る必要がある。それを知るには他の組織の経験に学べばよい。

第三に、真に例外的で特殊な問題がある。

第四に、そのような何か新しい種類の基本的、一般的な問題の最初の表れとしての問題がある。

②必要条件を明確にする。ここが一番時間がかかる。
③何が正しいかを知る。
④行動に変える。
⑤フィードバックを行う。


正しい意思決定の要件として、三つの理由(組織の囚人になることを防ぐ。選択肢を与える。想像力を刺激する)から、意見の不一致を必要とする。
これも面白いともう。できるだけ、違う意見の人を選んで、違う意見を言わせることが良いと。
人事のところでも、意見の違う人、タイプの違う人を雇うことが書かれていたけれど、それと同じことをもう一度違う角度から書いている。


現代経営学を確立したと言われているP.F.ドラッカーの、一般人に向けて書かれた本。読みやすかったです。日々の仕事に役立てられることが書いていたので、メモとして書き記します。

第四章「人の強みを生かす」から

弱みではなく、強みに焦点をあてること。通常集団は、リーダーとの距離は一定であるので、リーダーの能力が高いと、集団の能力も上がるとされる。強みに焦点をあて、役割分担をする必要がある。強みに焦点をあて、何をできるかからスタートする評価が次のものです。
⑴よくやった仕事は何か
⑵よくできそうな仕事は何か
⑶強みを発揮するには何を知り何を身に着けなければならないか
⑷彼の下で自分の子供を働かせたいと思うか
①そうであるならなぜか
②そうでないならなぜか (p.120)
面白かったのは、
「手放せない。いなくては困る」という声に耳を貸してはならない。
というもの。
ある人が「欠くことができない」という理由は三つしかありえない。第一に、その者が実際には無能でありかばってやる必要がある場合である。第二に、弱い上司を支えるために、その者の強みを使っている場合である。第三に、重要な問題を隠すため、あるいは取り組みを遅らせるために、そのものの強みを使っている場合である。
いずれの場合であっても、「欠くことができない」をいわれる者は、なんとしてでも直ちに移動させるべきである。さもなければその者の強みを壊してしまう。
続く。


特に面白かったのは、8章「隠れた真実」。
隠れた真実には二種類ある ― 自然についての隠れた真実と人間についての隠れた真実だ。(中略)
自分自身についての知らないこともあれば、他人に知られたくなくて隠していることもある。だとすれば、どんな会社を立ち上げるべきかを考えるとき、問うべき質問は二つ ― 自然が語らない真実は何か? 人が語らない真実は何か? (p. 142)
「人が語らない真実」というフレーズで、小説を連想しました。人に知られたくないことや自分自身の知らないことを掘り起こしていくということ。それが真実であるから、人々が共感できること。通常は隠しているからお互い分からないけれど、その話を読んだとき、共感と安堵を感じます。


この本はビジネス本なので、著者の視点は起業に関してのものです。
秘密を探すべき最良の場所は、ほかに誰も見ていない場所だ。ほとんどの人は教えられた範囲でものごとを考える。学校教育の目的は社会全般に受け入れられた知識を教えることだ。であれば、こう考えるといい ― 学校では教わらない重要な領域が存在するだろうか?たとえば、物理学はすべての総合大学で主要な専攻科目として確立されている。占星術はその対極にあるけれど、重要な領域とは言えない。では、栄養学はどうだろう?栄養はだれにとっても大切だけれど、ハーバードに栄養学の専攻はない。(中略)栄養について学ぶことは多いのに、僕たちははるかかなたの星についての方が詳しい。栄養学は簡単ではないけれど、不可能ではないことは明らかだ。隠れた真実を見つけられるのは、まさにこういう分野だ。(p. 144)
と独占の法則とともに例をあげています。




超有名なマーケティングのプロ、セス・ゴーディンのベストセラー本。内容も、書きかたも面白かったです。
「発明できるものはすべて、発明されつくしている」
チャールズ・H・デュエル 1899年
元米国特許商標局長官(p.8)
あらゆるものが発明されつくした現在のマーケティングは、「紫の牛」、、、『目立つもの、常識破りなもの、取り上げる価値があるもの』を生み出す必要がある。本書は、紫の牛を見つけるために、明日できることを教えてくれる。


どんな製品だろうと、必ず最初は大衆に無視される  
製品が大衆に受け入れられるまでには、いくつかの段階がある。
図:アイデア普及曲線

曲線
最初、イノベーターが購入する。彼らは初物を手に入れたがる人々だ。その製品が必要でない場合もある。ただ欲しいだけなのだ。イノベーターは、パリのファッションショーの最前列に陣取り、インターネットの世界を訪れ、最先端のものを紹介している業界紙を読む人々である。(p.37)
イノベーターの次にくるのは、アーリー・アダプターである。
彼らは、新製品を使うことで特をする人々、新しい製品やサービスを見つけ出すことでほかの人より優位に立っていたいと思う人々である。(中略)
アーリー・アダプターにつづくのは、アーリー・マジョリティーおよびレイト・マジョリティーである。これらの消費者は、新しい製品やサービスを必ずしも切望してはいないが、相当数の仲間がそれを試し、話題にするようになると、彼らも同じようにする。(p.37)
これがいきなり、イノベーターやアーリー・アダプターを通り越して、マジョリティーに広まるということはないのだと。考えることは、いかにしてイノベーターの目に留まるものを考え、届けるかということ。

セス・ゴーディンのウエブ・サイト → セス・ゴーディンのウエブ・サイト

TEDでもマーケティングについて講演しています。→ ビデオ セス・ゴーディンのTED 


「紫の牛」を売れ!
セス・ゴーディン
ダイヤモンド社
2004-02-20


アルバート・メラビアンが1971年に発表した「メラビアンの法則」、別名「3Vの法則」によると、声が与える印象は、話す内容よりも強いそうです。

3Vの単語と、それぞれの情報が相手に与える印象の度合い:
Visual(見た目、表情、しぐさなどの目から入る情報)、55%
Vocal(声の大きさ、しゃべり方などの耳から入る情報)、38%
Verbal(話している内容などの言葉の意味情報)、7%

声をよくするにはどうしたらいいか。

①自分の声の性質を知るところから、トレーニング方法まで。発声、腹式呼吸のトレーニング方法を、絵付で分かりやすく書いてるとこが良かった。トレーニング方法も簡単で誰でもすぐ始められるもの。著者はオペラ歌手の島村武男さん。



②舌根をやわらかくすることで良い声がでる。舌根を柔らかくするエクササイズと、リラックスして舌根が柔らかくなる指圧のツボが描かれてる。



③腹式呼吸をするためには腹筋が必要。腹筋の鍛え方はたくさんあるけど、最近注目されてるエクササイズ、プランク(Plank)が効果的だそうです。

これは体幹を鍛えるもので、普通の腹筋と違って、身体を浮かす姿勢で鍛える。なので、お腹から背中と、腹部全体の筋肉が鍛えられる。全体の筋肉がつくと、腹筋も作られやすい、そうだ。
,_July_31,_2013_130731-G-WA946-943
US Coast Guard training (アメリカ沿岸警備隊)

アプリ → プランクエクササイズ




 

↑このページのトップヘ