カテゴリ: 小説

マルクス・アウレリウスの本はこの一冊だけです。マルクス・アウレリウスが学んだことや、考えていることを記録したものです。読み手が自分の状況を振り返り、考え方の手本とするような金言でいっぱいです。
回想せよ。君はどのようなことを経験してきたかを。どのような[苦しい]ことに十分耐えることができたかを。そして君の生涯の歴史はすでに書き終えられ、君の奉仕は完了したことを。そしていかに多くの美しいものが君によって見られたかを。またいかに多くの快楽と苦痛を君が軽視したかを。いかに多くの名声をもたらすはずのことを君が無視したかを。いかに多くの不親切な人たちに対して君が親切であったかを。(p.98)

私が見た美しいもの:太陽、月、星、空、川、海、山、土、木、犬、猫、人間、牛、雀、鳩、鷲、鯵、秋刀魚、ピラニア、、、

考えていくと、先のページの文に繋がる。
「自然によって生じるものの上に[付随的必然的に]生じるものもまた、ある種の優美さと魅力をもっている」(p.37)
 例えば、パンが焼かれるとき、その幾つかの部分に割れ目ができる。そしてこのようにして割けたこれらの部分は、ある意味ではパン作りの技術の意図に反しているのだが、何かしらわれわれの目を惹きつけて、その食品に対する食欲を独特な仕方で奇妙にそそるのである。そしていちじくも、よく熟れたときに、口をあける。また爛熟したオリーブの実の場合、腐敗に近づいたまさにその状態こそが、この果実に一種独特の美を添える。また[よく実って]垂れ下がる小麦の穂や、ライオンのたるんだ眉のあたりのしわや、猪の口から流れ出る泡や、その他多くのものが、もし人がそれらだけを単独に眺めようとすれば、みめ形がよいとはとても言えないのだが、にもかかわらずそれらは、自然によって生じるものに付随することによって、[自然物に]協力して飾りを添え、われわれの魂を魅了するのである。 
 だから、もし人が全体[宇宙]の内で生じるものに対して感受性とかなり深い洞察をもつならば、その人には、付随的に生起する事象でさえも、何かしら快適なふうに出現するのでないようなものは、ほとんど何一つないように思えるであろう。そしてこのような人は、実物の野獣のくわっと開かれた口をも、画家や彫刻家が実物をまねて提示する作品に劣らず、楽しく眺めることであろう。彼はまた老婆や老爺にも一種の盛りと艶やかさを認めるであろうし、また自分の所有する少年[奴隷]たちのあでやかさを[自然の主目的への付随事として]欲情を伴わぬ目で鑑照することができよう。そしてこのたぐいのことは数多くあろうが、万人に理解できることではなくて、ただ自然と自然の作物とに本当になれ親しんだ人によってのみ会得されるであろう。(pp.37)

自然によって生じるものの上に[付随的必然的に]生じるものもまた、ある種の優美さと魅力をもっている。

これを踏まえて、私がこれまでに見た美しいものを考えてみると、、、

犬の糞尿、蚊にさされたふくらみ、セミの死骸、散った花びらの暗い色、雨がふった後の草、クモの巣、、、

発想がいまいちですが、こういうことですよね。これは日々発見できて楽しそうですね。
「これは(自然によって生じるものの上に付随的必然的に生じているから)美しい」
[これは(自然によって生じるものの上に付随的必然的に生じていないから)たいして美しくない]
とか言いながら物を観たり観なかったり。

自省録① マルクス・アウレリウス/水地宗明訳


自省録 (西洋古典叢書)
マルクス アウレリウス
京都大学学術出版会
1998-04-01




第16代ローマ皇帝マルクス・アウレリウス(121年~180年)の手記。皇帝だったにも関わらず質素な生活を良しとし、哲学を尊び、良き人物であろうとした姿がうかんできます。

「余計なことに関心をもたないこと」、「無価値なことに熱心にならぬこと」、「魔術師や詐欺師がまじないや悪霊の追い払いについてしゃべる話を信用しないこと」(pp.4-5)

[精神的内面的な]自由を。そして僥幸をあてにすることはきっぱりとやめて、理性(ロゴス)以外の何ものにも、たとえ僅かの間でも、頼らないことを。また、いつでも同じ[人物]であることを ― 苦痛の激しいとき、子供を失ったとき、長患いのときにも。(p.7)

この文章を読んで、占いで一喜一憂したり、神頼みをすることに、自分は今まで何も思っていなかったことに気づきました。僅かの間どころか、ことあるごとに理性以外のもに頼っていることを、良いか悪いか考えたことがなかった。
現実と向き合い、良くなるように行動することが、最も賢い選択なのだろうと妙に納得しました。

納得はしましたが、それを実行に移すのは難しいです。マルクス・アウレリウスも難しいと感じていたのかもしれない。だから、自分への戒めとして、書いたのかもしれない。



自省録 (西洋古典叢書)
マルクス アウレリウス
京都大学学術出版会
1998-04-01


すごい悪者が出てくるわけではないけど、一人一人が少しずつ自己中心的であることが、大切な人の人生を狂わせるという。

特に面白い登場人物は教師の浅見さん。お葬式に沢山の教え子が駆けつける父親のような、本物の教師への強い憧れを抱いていた。自分は飲酒運転は絶対できないといいながらも、同じくお酒を飲んでいた友人に代わりに運転させたり、自分の立場を守るために、教え子が濡れ衣をかけられているままにして真実を話さなかったり…。
かと思えば、正しくあろうとする面もあって、事故の後から禁酒をしていたり。

できる範囲では正しい行いをするけれど、いざ自分にダメージがきそうだとサッと逃げるし、それによって誰かが損をこうむっても構わない。そしてそれを、半ば無意識でするタイプ。現実にいそう。

リバース (講談社文庫)
湊 かなえ
講談社
2017-03-15





リバース
湊 かなえ
講談社
2015-05-20


直木賞受賞作「何者」の中に出てくる脇役達が主人公になった短編集です。例えば、面接官、親友、好きな子の父親とその不倫相手、就活で知り合いになった同じマンションのカップルなど。
六編入ってて、話は「何者」を介して繋がっているけど、この六編自体の繋がりはなくて、独立した短編集となっています。

朝井リョウさんの書く学園生活は、主人公がクラスの《いけてる人気者集団》、または《ちょっといけてる普通のグループ》に属していることが多いです。「何様」でも、バンドをしている、クラスの中心的存在が一作目の主人公です。「去年告白してきた後輩~」というような文もさりげなくでてきます。学生時代、人気者だったっぽい朝井リョウさんならではの切り込み口だと思います。
また、《いけてないグループ》に属する子たちも、いじめを受けているとかではなくて、『ただ大人しい』とか、『共通の趣味(映画)を持つもの同士でいつも映画の話してる』など、それくらいです。

学園ものだと、いじめられている子や、いけてない子が主人公になることが多いし、いじめや無視がよくでてきます。けれど、自分の中高時代を振り返ってみると、グループに分かれて人気、不人気、声かけない、とかはあったけど、ただ気が合う子で集まるという感じだったので、朝井リョウさんの描くクラスの人間関係はリアルに近いなと感じます。その中で、自分はグループの他の二人となんとなくあわないとか、一歩ひいてしまうとか、乗り切れないとか、そういう一人一人が感じる悶々とした気持ちを表現していて、そこでまた共感できるのが面白いです。

直木賞を受賞した西加奈子さんの「サラバ!」。テレビで芸人さんが「30代のクズを救えるのは西さんだけ」というようなことを言って絶賛紹介していたので、救われたい気持ちで期待して読みました。

一人の男の産まれるところから37歳までの人生の物語。 その幼少期、就学期、大学生、社会人になっていく様子を主人公の目線から書いている。その時々で本当にいろいろなことが起こるので先が気になって一気に読みました。

印象に残っているのは、エジプトのストリートチルドレンに対して主人公が、「怖い、寄ってこないでほしい」と思いつつも微笑んでしまうところ。主人公の母親は、ストリートチルドレンに「触るな!あっちへ行け!」と反道徳的なふるまいをする。そのような、自分を貶めても自分の考えに基づいてふるまう母親に対して、主人公は彼らに微笑み、それを自分で卑屈だという。誰からも攻撃されない位置に身をおき、それでいて心の中ではストリートチルドレンに触れたくないと思っている自分を卑怯だと。

また、大人になった主人公は、周りの目を気にして、好きな女性を好きだと認められない。他の人からその女性がどう見られているか、彼女にしたらどう思われるか、ということが自分の好きという気持ちより勝ってしまう。

こういうことよくある。自分の好きなものを好きということって、思っている以上に難しい。


最後の方になると、作者の読者へのメッセージがとても強く、直接的になる。説教を読んでいるような感覚になった。
最終章は「自分の信じるものを他人に決めさせてはいけない」という題名。

信じるものとは自分自身のこと。それを悟るために、私達は長い人生を歩んでいろいろな経験をしている、というメッセージかな?

青い鳥のような。本当の幸せはすぐ近くにあるんだけど、それに気づく為には、旅に出る必要があったんじゃないか、というような。

とも思ったけど、いまいち作者が「信じるもの」で何を言いたいかが分からなかった。

この本は、布石のようだと思う。次に何かに出会ったときに、この本を読んでいたことによって得たものが化学反応を起こして、何かを変えるきっかけになるような、そんな気もする。

 
サラバ! 上
西 加奈子
小学館
2014-10-29





サラバ! 下
西 加奈子
小学館
2014-10-29

↑このページのトップヘ