カテゴリ: 短歌

『女性の好奇心が目覚める情報サイト・ウートピ』で、歌人の加藤千恵さんが、
5月号から短歌の連載を始めました。

月ごとに異なるテーマで短歌を募集して、次号でいくつかの選ばれた作品を紹介しています。

私も、その第一回にあたる、5月15日締め切り、6月号発表のテーマ「自由な夜」にチャレンジしました。
嬉しいことに選んでいただいて、6月号で紹介されました。
以下は私の短歌と加藤千恵さんのコメントです。

『風邪ひいたわたしの横で本を読むあなたがいると世界が変わる』(まり)
☆何気ない日常の光景からつながる下2句、そのまま何かのコピーになりそうなキャッチ―さがありますね。

紹介されていた短歌はほんとに様々で、加藤さんのコメント付きなので読みやすかったです。

そして加藤さんご本人も一首読まれています。

『忘れたくなかった夜や忘れられない夜が星座みたいに』
 

星の光がずっと後で届くように、時がたって状況が変わり、自分を不自由にしていたものが
無くなったいま、当時の出来事が頭をよぎっている。
これを読んだとき、出来事が過去のものとなってしまった悲しさを想像したけれど、
『星座みたいに』とつけているので、きれいな思い出として、
また、真実の光として表現されているのかな。複雑な気持ちになります。


ウートピ のリンク

↑このページのトップヘ