めっっっちゃ面白かったです。毎ページ声をあげて笑いころげながら一気に読みました。例えば、副詞の多様は避けた方が良いという話の例に、

「そこへ置いて!」と、彼女は叫んだ。
「かえしてくれよ」と、彼は懇願した。「おれのじゃないか」
「冗談じゃないわ、ジェキル」と、アタースンは言い放った。

この文章では、"叫んだ"と"懇願した"と"言い放った"の三つが、会話を説明する言葉だ。これに副詞を加えるとどうなるか。

「そこへ置いて!」と、彼女は居丈高に叫んだ。
「かえしてくれよ」と、彼は卑屈に懇願した。「おれのじゃないか」
「冗談じゃないわ、ジェキル」と、アタースンは横柄に言い放った。

元の文章に比べて、あきらかに間の抜けた感じがする。理由は一目瞭然だろう。あまりにも陳腐であり、笑止千万としか言いようがない副詞のせいだ。(中略)
 作家のなかには、副詞無用のルールをかいくぐるために、動詞にステロイドをたっぷり注入する者がいる。結果はパルプ・フィクションやペーパーバックの書きおろしのお馴染みの文章が一丁あがりとなる。

「銃を降ろせ!アダースン!」とジェキルは凄んだ。
「キスをするのをやめないで!」と、シェイナはあえいだ。
「しつこいやつだな!」と、ビルは吐き捨てた。

これだけはやめてもらいたい。お願いだ。(p.167-168)

沢山の本が例として出てきて、著者は本当に本が好きなんだなぁと、感じました。世間的に格式高いとされている本も、駄作も臆せず実名と実例を出して批判するところも魅力的です。この本を読んでスティーヴン・キングのファンになりました。

「書くことについて」書くことは、作家にとって自叙伝のようなものだと思います。この本の執筆中に大事故にあったこともあってか、文章から、切実さ、誠実さ、力強さ、自信、感謝などを感じました。
ものを書くのは、金を稼ぐためでも、有名になるためでも、もてるためでも、セックスの相手を見つけるためでも、友人をつくるためでもない。一言でいうなら、読む者の人生を豊かにし、同時に書くものの人生も豊かにするためだ。立ち上がり、力をつけ、乗り越えるためだ。幸せになるためだ。おわかりいただけるだろうか。幸せになるためなのだ。(p.358)

(第一部に、「履歴書」として自身の人生の話がありますが、これは今回とばしました。なので、これは第二部「書くこととは」以降の感想です)


書くことについて (小学館文庫)
スティーヴン キング
小学館
2013-07-05