特に面白かったのは、8章「隠れた真実」。
隠れた真実には二種類ある ― 自然についての隠れた真実と人間についての隠れた真実だ。(中略)
自分自身についての知らないこともあれば、他人に知られたくなくて隠していることもある。だとすれば、どんな会社を立ち上げるべきかを考えるとき、問うべき質問は二つ ― 自然が語らない真実は何か? 人が語らない真実は何か? (p. 142)
「人が語らない真実」というフレーズで、小説を連想しました。人に知られたくないことや自分自身の知らないことを掘り起こしていくということ。それが真実であるから、人々が共感できること。通常は隠しているからお互い分からないけれど、その話を読んだとき、共感と安堵を感じます。


この本はビジネス本なので、著者の視点は起業に関してのものです。
秘密を探すべき最良の場所は、ほかに誰も見ていない場所だ。ほとんどの人は教えられた範囲でものごとを考える。学校教育の目的は社会全般に受け入れられた知識を教えることだ。であれば、こう考えるといい ― 学校では教わらない重要な領域が存在するだろうか?たとえば、物理学はすべての総合大学で主要な専攻科目として確立されている。占星術はその対極にあるけれど、重要な領域とは言えない。では、栄養学はどうだろう?栄養はだれにとっても大切だけれど、ハーバードに栄養学の専攻はない。(中略)栄養について学ぶことは多いのに、僕たちははるかかなたの星についての方が詳しい。栄養学は簡単ではないけれど、不可能ではないことは明らかだ。隠れた真実を見つけられるのは、まさにこういう分野だ。(p. 144)
と独占の法則とともに例をあげています。