喧嘩解散したビートルズの最後のアルバムに収められた曲。
本人によると、辛く大変だったときに、幼いころ亡くなった母親マリー(Mary)が夢に現れたことを歌ったのだそう。

“Yeah, I had a lot of bad times in the 60s. We used to lie in bed and wonder what was going on and feel quite paranoid. Probably all the drugs. I had a dream one night about my mother. She died when I was fourteen so I hadn’t really heard from her in quite some while, and it was very good. It gave me some strength. In my darkest hour, Mother Mary comes to me.”

「60年代は辛い時期だった。ベッドの上で自問したよ。何が起きてるんだって。それに、いつも被害妄想を感じてた。多分薬物のせいだと思う。ある夜、母親の夢を見たんだ。彼女は私が14歳の頃に亡くなった。だから、本当に長い間、彼女の声を聞いてなかった。それはとても良かった。力が湧いたんだ。辛い時に、母親マリーが私のところへ来たんだ」(訳:NYONYO)

   – Paul McCartney im Musikmagazin Musician, Ausgabe Oktober 1986

薬物って!(;゚Д゚) 

とは思ったけど、辛い時に励みになる母親の愛情って、共感して泣ける。


Let it be 

When I find myself in times of trouble
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom
Let it be

And in my hour of darkness
She is standing right in front of me
Speaking words of wisdom
Let it be



Let It Be
Beatles
Capitol
1991-07-20