チェイサーは2008年に公開された韓国のサスペンス映画。監督はナ・ホンジンさん。長編では、この映画が初監督だそうです。衝撃的な作品でした。

テンポがいい。物語の展開が早くて、凄く面白いです。スリルのシーンはホラー映画いみたいで、怖くて凄くドキドキする。撮り方も面白くて、連続殺人犯を主役の元刑事が追うシーン、ただ走ってるだけで、変なアクションとかないんだけど、緊迫感がすごくでている。この監督、天才だ!と思いました。

主役の元刑事役のキム・ユンソクはこのとき40歳くらい。韓国の映画は、役にふさわしい年の役者を選ぶところがいいなと思いました。

連続殺人犯役のハ・ジョンウさんは当時、韓国のナンバーワンアイドルだった。でも、キム・ユンソクにボロボロに殴られるし、殺すシーンとかサイコになりきっていました。アイドルがそういう役するの、日本じゃ考えられない。
そういうところで、韓国の映画いいなと思います。


チェイサー [DVD]
キム・ユンソク
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-16