犯罪をした人を裁くということについて。犯罪者になった人々の傍にいる刑務官が主人公。
主人公は施設育ちなんだけど、同じ施設で、早くに引き取られた友人が自殺をする。死後、彼の日記が、主人公に送られてくるんだけど、読んでいてとても苦しくなる。複雑な生い立ちと、引き取られた先の夫婦の不仲、思春期の葛藤、、、。海の中で息ができなくて苦しくてもがいているような感じがした。
こんなことを、こんな混沌を、感じない人がいるのだろうか。善良で明るく、朗らかに生きている人が、いるんだろうか。たとえばこんなノートを読んで、なんだ汚い、暗い、気持ち悪い、とだけ、そういう風にだけ、思う人がいるのだろうか。僕は、そういう人になりたい。本当に、本当に、そういう人になりたい。これを読んで、馬鹿正直だとか、気持ち悪いとか思える人に……僕は幸福になりたい。
この言葉はとても印象的です。「混沌を感じない人がいる」のか、「善良で明るく、朗らかに生きている人がいるのか」私も日々疑問に思っていたからです。
この本の主人公とは切迫度が違いますが、私も、「人生は苦しみであり、それは固体が死んでも人類全体として永遠に続いていく」(悲劇の誕生 ニーチェ)と思っています。

それを以前、ある男性に話したら、
「僕は死にたいと思ったことはないし、《人生は苦しみ》とか考えたことないし、人生楽しいし、その考え方、全く分からない」
と言われて、びっくりしたのを思い出しました。人は誰でも《死にたいけど、頑張って生きている》と思っていたので。

でもその後で
「あ、でもしんどい時もあるかー」
などと、ポツリと言っていたので、そういう人でも、時と場合によっては違う答えをするかもしれません。


主人公が犯罪を犯しそうでありながらも、決定的なことをしなかったのは、施設の育て親の力が大きく描かれています。主人公の話を聞き、喜び、泣き、味方になり、駄目なことを叱り、芸術に触れる機会を与えたことが主人公に大切なものを育ませた。

物語の最後では、死刑囚が芸術に触れて、喜びを見つけます。妙に納得して、もっと芸術に触れようと思いました。

「銃」、「私の消滅」、「教団X」と読んで、社会への疑問と、犯罪を犯す人の普通さを描いている、作者の優しさを感じます。


何もかも憂鬱な夜に
中村 文則
集英社
2009-03


喧嘩解散したビートルズの最後のアルバムに収められた曲。
本人によると、辛く大変だったときに、幼いころ亡くなった母親マリー(Mary)が夢に現れたことを歌ったのだそう。

“Yeah, I had a lot of bad times in the 60s. We used to lie in bed and wonder what was going on and feel quite paranoid. Probably all the drugs. I had a dream one night about my mother. She died when I was fourteen so I hadn’t really heard from her in quite some while, and it was very good. It gave me some strength. In my darkest hour, Mother Mary comes to me.”

「60年代は辛い時期だった。ベッドの上で自問したよ。何が起きてるんだって。それに、いつも被害妄想を感じてた。多分薬物のせいだと思う。ある夜、母親の夢を見たんだ。彼女は私が14歳の頃に亡くなった。だから、本当に長い間、彼女の声を聞いてなかった。それはとても良かった。力が湧いたんだ。辛い時に、母親マリーが私のところへ来たんだ」(訳:NYONYO)

   – Paul McCartney im Musikmagazin Musician, Ausgabe Oktober 1986

薬物って!(;゚Д゚) 

とは思ったけど、辛い時に励みになる母親の愛情って、共感して泣ける。


Let it be 

When I find myself in times of trouble
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom
Let it be

And in my hour of darkness
She is standing right in front of me
Speaking words of wisdom
Let it be



Let It Be
Beatles
Capitol
1991-07-20




映画にもなった「白ゆき姫殺人事件」は、映画と原作の小説とで、ラストのシーンが違う。

会社の(白雪のように美しい)同僚、典子が殺された事件で、SNSや週刊誌によって、まるで犯人かのように、個人情報を公開されてしまう主人公、美姫(白雪姫を思わせる名前)。
週刊誌の記者に、友人や同僚、元恋人、両親までもが主人公、美姫の不利益になるような証言をする中、唯一、幼馴染の友人だけが害のある発言を控える。

映画のラストシーンでは、その幼馴染と美姫が、お互いを思いあうシーンがあるのだ。(原作にはこのシーンはない。美姫は、週刊誌記者が歪めて書いた記事を読んで、幼馴染を誤解したまま)
映画監督の作品への解釈が見えるところで、希望のある暖かい物語になり良かった。


私の考えは全然違って…

最終章で真犯人が捕まって、美姫の無実が判明されるのだけど、私は、美姫が故意的に、典子が殺害されるようにもっていったんじゃないかと思った。そういう風に考えられるように書かれている。

美姫は、眠った典子を乗せた車を、鍵をつけたまま、灯油をのせて、真犯人のガレージに置いた。美姫が真犯人と典子の関係が上手くいっていないことを知った後だった。美姫は典子に恋人を奪われるなど、精神的苦痛を受けていた。物語最後の美姫の言葉が意味深。
私は私がいた場所へ戻り、これまでと同じ日常が始まる。だけど。白ゆき姫はもういないー。

小説の形式は「籔の中」のように、登場人物がそれぞれ一人称で語る方式で、一つの事実が、それぞれの立場で全く違うように見えるというもの。 白ゆき姫殺人事件①
最終章は主人公目線で無実が書かれているんだけど、これまでの人の噂と食い違いが大きい。
そうであるなら、美姫目線の証言もまた、事実を自分の都合のよいように言っていると考えるのが打倒だと思う。

白ゆき姫殺人事件
湊 かなえ
集英社
2012-07-26



↑このページのトップヘ