下巻、第12章「認識主義」のところ。ものすごく良いのでそのまま載せる。
 理想郷とはどういうものか、誰もが それぞれの考えを持っている。多くの人にとって理想郷とは、平等で、正義が広く行われ、抑圧から自由であり、仕事から自由である(もっと穏便な人だと、理想郷とは通勤電車に弁護士と携帯電話が紛れ込まない社会のことだと言うかもしれない。どっちにしても、夢物語であることに変わりはないけれど)、そういう社会だろう。
 私にとっての理想郷は認識主義の社会だ。偉い人はみんな認識主義者で、認識主義者が選挙で選ばれる、そんな社会である。そんな社会は、私達の知識に基づくのではなく、無知を認めたうえで治められるだろう。
 ああ、しかし、自分自身が間違いを犯すことがあるのを認め、それを掲げても、権威を認めてもらえたりはしない。人はただ、知識で目をふさがれないと気がすまないのだ。私たちは、人を引き付けるリーダーの後を追うようにできている。集団の中にいることのメリットが、一人でいることのデメリットに追い打ちをかけるからだ。みんなと一緒に間違ったほうへ進むほうが、たった一人で正しいほうへ向かうよりも得るものは大きい。
 私達が遺伝子を引き継いだのは、自分を振り返ってばかりいる頭のいい人についていった連中ではなく、我の強いバカについていった連中のほうだ。社会に現れた症状を診断すれば、それがよくわかる。頭の狂ったやつらが信者を集めている。
 人類の一員でありながら知識が非常に高く、苦もなく豹変できる君子に出くわすことは、ごく稀だ。 
(中略)
…私達は何が間違っているかについては確信をもっていいが、自分が正しいと思うことについては確信を持ってはいけない。
なるほどなるほど。

確かに、そうでなければ、いじめも戦争も、嫌な上司も、人を苦しめる教祖も生まれず、理想郷となるのだろう。私達はみんなで、間違った方向に進んできているのか。

考えることを放棄して、何か大きな強いものについて行きたいという人の弱さもそれに追い打ちをかけている。


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
ナシーム・ニコラス・タレブ
ダイヤモンド社
2009-06-19





ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
ナシーム・ニコラス・タレブ
ダイヤモンド社
2009-06-19



 

「賢者とは、将来に起こることが見える人のこと」とよく言う。でもたぶん、賢者とは、遠い将来に怒ることなんか見えるもんじゃないと知っている人のことだ。
という言葉の具体例。読むと、なるほどなるほど、となる。
IBMの創業者であるトマス・ワトソンはあるとき、コンピューターなんて数台あれば十分だろうという予測を口にしている。
皆さんが、時代遅れで乱雑で一貫性に欠ける英語だのフランス語だのスワヒリ語だのなんて言語でこの本を読んでいて、エスペラントで読んでいないのは、半世紀前の予測に反している。世界はもうすぐ、論理的で曖昧なところがなくプラトン的にデザインされた共通言語、エスペラントでやりとりするようになる、それが当時の予測だった。
 同じように、私達は連休を宇宙ステーションで過ごしてはいない。三〇年前、そんなことが幅広く信じられていた。実業界のうぬぼれを示す一例として、今はもうなくなってしまったパン・アメリカン航空は、月と地球の往復航空券まで前売りしていた。ナイスな予想だ。でも、そう経たないうちに自分たちが破産するのを彼らは予想できなかった。(下巻10ページ)
この読みやすさ。面白さ。


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
ナシーム・ニコラス・タレブ
ダイヤモンド社
2009-06-19


ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
ナシーム・ニコラス・タレブ
ダイヤモンド社
2009-06-19

 

オーストラリアが発見されるまで、旧世界の人たちは白鳥と言えばすべて白いものだと信じて疑わなかった。
はじめて黒い白鳥を発見したとき、一部の鳥類学者は驚き、興味を持ったことだろう。(中略)
この話は、人間が経験や観察から学べることはとても限られていること、それに、人間の知識はとてももろいことを描き出している。  
 この本では、それを日常に当てはめて考えていく。この本でのブラックスワンとは、
1.異常であること。普通に考えられる範囲の外側にあること。
2.とても大きな衝撃があること。
3.異常であるにもかかわらず、私たち人間は、生まれついての性質で、それが起こってから適当な説明をでっち上げて筋道をつけたり、予測が可能だったことにしてしまったりすること。
面白い話がある。よくある、お金もちになりたい人のための本の論理がいかに破たんしているか。
億万長者になれる10のステップ(195ページ)
大きな肩書を持っていたり、大きな仕事をしたとか腕利きを集めて、彼らの特徴を調べる。そういう大物に共通しているものを探すのだ。勇気があって、リスクをとって、楽観主義で、云々。それから、そういう特徴があるおかげで、なかでもリスクをとることで、成功する可能性が高くなると推測する。ゴーストライターが描いたCEOの自伝を読んだり、こびへつらうMBAの連中を前にCEOがやるプレゼンテーションに出席したりしても、たぶん同じような印象を受けるだろう。(中略)
では、墓場の方を見てみよう。 失敗した人たちの墓場で眠る連中には、こんな共通した特徴がある。勇気はあって、リスクをとって、楽観主義で、云々。億万長者の母集団とほんとにそっくりだ。能力の点ではいくらか違いがあるのかもしれないが、両者を本当に大きく隔て
ている要素はほとんどただ一つ、運だ。純粋な運だ。
 
失敗した人達の自叙伝は普通出版されない。でも確かに、挑戦している時点で、ほぼほぼ同じことをしているのだろうと思う。芸人さんとか、大金持ちになったKindle作家とか、実力差はあるかもしれないけれど、運の割合が大きいんだろうな。

続く


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
ナシーム・ニコラス・タレブ
ダイヤモンド社
2009-06-19



 

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
ナシーム・ニコラス・タレブ
ダイヤモンド社
2009-06-19

↑このページのトップヘ